プロペシアの使用によって起こる頭皮の抜け毛の原因は

プロペシアを使用していると、初期段階で頭皮の抜け毛がおさまるどころか、かえって増えたといった感想が良く寄せられています。抜け毛が気になっているからこそプロペシアの使用に踏み切っているのですから、それによって頭皮の状態がそのようになれば、不安でたまらないものでしょう。ただし初期脱毛の減少について、プロペシアとの明確な因果関係は認められていません。ただし使用する上で、使用前との環境が変わると、そのようなことも起こりえると考えられています。たとえば、いくらプロペシアが抜け毛に有効であるといっても、すぐに効果は得られません。ある程度長い時間を掛けて、ようやく実感するものです。使用者は今まで育毛剤などを使っていてもプロペシアの使用に際し、使っていた育毛剤を停止してプロペシアだけにすることはよく見られます。一緒に使えばより良いであろうとわかっていても、金銭面から考えると大変な出費には間違いありません。育毛剤を止めたくなることはあるでしょう。しかし育毛剤を止めれば頭皮の環境はその時点で変わります。育毛剤から得ていたメリットが切れてしまう期間とプロペシアの効果が現れるまでのタイムラグで、初期脱毛が起きているのではないかというのです。初期脱毛と言われている脱毛は、プロペシアの使用から1ヵ月前後で始まり、時間経過とともに戻ったと言う人が多く、ずっと抜け毛を感じるものでもありません。また全く初期脱毛を経験しなかった人もいます。そこに肉体的な系統というのは今のところないとされています。初期脱毛の有無にかかわらず、服用を始めても今まで行っていた頭皮環境へのアプローチは継続して行った方が効果が得やすいと言えましょう。